8月の天橋立観光!気温や服装はココに注意!

天橋立も8月に入ると本格的に夏が到来します!
ビーチも海開きし、夜も楽しめるイベントも増えますね。

お盆休みもあるし、花火もあるし…観光シーズン!(^^♪

そんな夏の天橋立。
気温や服装に注意するポイントがあります。
今回は8月の天橋立の気温や服装についてご紹介します。

是非、旅行前の参考にしてください。


天橋立8月の気温と服装

8月の気温

8月に入ると梅雨も明けて30℃を超える日が続くでしょう。
猛暑日もあるので暑さ対策は忘れずに。

曇りになると少しは気温も下がると思いますが、絶景は晴れた景色がみたいですね~。

雨の日は少ないですが、海と山が近い場所なので夕立なども考えておきましょう。
折り畳み傘を1本、カバンの底に入れておけばOKです。

天橋立は海水浴場もあるので海で楽しんでもOK!
夜には砂浜がライトアップされるので美しさで暑さも吹き飛ぶかな?

ナイトクルーズも行われるので夜まで楽しめますね。。

  • 宮津市(天橋立8月の気温)
    《平均気温》26.5℃
    《最高気温》31.7℃
    《最低気温》22.6℃
    《降水量》 130.3mm



8月からは台風の心配も出てきます。
天気予報はしっかり調べてからスケジュールを立てましょう。

台風が接近した場合、ビューランドや公園が休園になります。
また船なども運休しますので「何もできません」(T_T)
タイミングが台風とぶつかりそうなら予定をずらす方が無難ですかね。

8月のお盆には「宮津燈籠流し花火大会」も開催されます。
海には灯篭、空には花火。
幻想的な情景が人気です。

花火は3000発、浴衣でしっぽりと眺めたいですね~(#^.^#)
もちろん、混雑しますよ。

8月の服装

服装は真夏の服装。
男性ならTシャツにハーフパンツ。
足元はサンダル。

女性なら風通しの良いワンピース。
サンダルやパンプス。

Tシャツ+ショートパンツにビーチサンダルでもいいですね。
海っぽい(^^♪

通気性が良くて、汗で身体に張り付かない素材がいいですね(^^♪

  • Tシャツ、ワンピース
  • カーディガン、長袖シャツ(冷房対策+日焼け対策)
  • ショートパンツ、ハーフパンツ
  • スニーカー、パンプス、サンダル
  • 帽子


ただし日焼け対策も忘れずに。

天橋立の観光は外が中心。
全体的に日陰が少ないです。

日焼けしたくないなら、しっかりと日差しから身を守る服装を選びましょう。

暑いですが、忘れてはいけないのがエアコン対策。

外ばっかりで暑いですが、室内や乗り物はエアコンガンガンで寒い場合もあります。
冷房に弱い人は上着を是非1枚は持っておきましょう。

汗が冷えて、余計寒く感じることもあります。
こんな感じで風邪ひいちゃうんですよね(+o+)

日差しが強く、日陰も少ないので帽子や長袖で直射日光を浴びない対策は大事です。
それと同じぐらい、水を常に持つように心がけましょう。

持ち物

持ち物で是非、持っておきたいのが虫よけ。
スプレーでも塗るタイプでも大丈夫ですが、山に登ると蚊がいます。

景色が良い場所は木々や草が多い場所でもあるので、虫よけは持った方が良いです。

小さなお子さんはシールタイプがオススメ。
かわいい動物柄のシールなら喜んで貼ってくれますよ(^^♪

天橋立の松林を歩くなら、水も持ちましょう。
端から端まで歩くと1時間以上必要です。

途中には自販機はありません。
入口付近まで行かないと水は買えないのです。

最後に

今回は天橋立の8月の気温と服装についてご紹介しました。

8月は暑さとの闘いですね。
日差しを避け、熱中症にならないように気を付けましょう。

観光すると意外と歩きます。
日陰も少ない。

無理して体調を崩さないように休みながら行動しましょう~。

では良い旅を。
ありがとうございました。

気温と服装のまとめ

トップページに戻る