紅葉の天橋立!11月の気温と服装はコレで!

11月に入ると天橋立も紅葉の季節。
沢山の観光客が訪れ、色とりどりの山の色彩を楽しみます。

紅葉と絶景の天橋立は美しく、このシーズンは人も多いです。
夜は成相寺の特別拝観でライトアップもあるので期待している人も多いのではないでしょうか。

そんな時期の天橋立は服装悩むもの。
今回は11月に行くならチェックしておきたい気温と服装をご紹介します。


天橋立11月の気温と服装

11月の気温

11月は京都全体で紅葉を楽しむ観光客でいっぱいです。
天橋立もアジアから観光客が団体で訪れたりしています。

私が行った時も中国?から沢山の団体さんがいらしていました。
皆さんが楽しそうに「股のぞき」をしているのがうれしかったです(^^♪

昼間は天気が良いと温かい日差しで寒さは感じません。
しかし、朝晩は冷え込みが厳しく気温もかなり下がってきます。

海辺の方も底冷えはしませんでしたが、風が強いと少し寒かったです。

明け方は10℃以下の気温になるので、寒暖の差が激しく感じられるでしょう。
雨が降るのは少ないですが、降ったらさらに気温が下がるので寒く感じます。

11月も下旬になると、晩秋を感じる気温となります。
太陽が落ちる時間も早まるので、観光する時間は少なめになるでしょう。

暗くなると絶景も楽しめないので、私は早朝から行動して観光してました(^^♪

  • 宮津市(天橋立11月気温)
    《平均気温》11.3℃
    《最高気温》16.3℃
    《最低気温》7.0℃
    《降水量》 127.3mm


11月の服装

11月は上旬と下旬でかなり気温が変わります。

11月上旬は歩くと汗ばむ温かさ。
天橋立を歩いたりすると暑くて長袖のシャツ1枚で大丈夫です。

私は松林を歩いて渡ったので結構汗をかきました(+o+)
暑かったです。

成相寺の夜の特別拝観も上旬ですので、そこまで寒くはないです。
ジャケット1枚で十分な感じでした。

しかし、下旬ともなるとぐんと気温が下がります。
そろそろ防寒対策をしっかりしておくことが重要です。

山の上の方に行くなら気温が下がります。
簡単に脱いだり体温調節が容易にできるように重ね着するのがポイントです。

  • 長袖のシャツ(上旬)
  • セーターorカーディガン
  • 薄手のダウンジャケット
  • ジャケット
  • 寒がりならマフラー
  • タイツ


また手足が冷えるほど寒くはなりません。

手袋やホッカイロは必要ないでしょう。

雨の心配はありますので、折りたたみ傘は持っていた方が無難ですね。

靴はスニーカーが動きやすいのでおすすめです。
私は寒いと思ってブーツで行きましたが、ちょっと早かった(*_*)
暑かったです。

坂道も多いし、角度が急な階段もあります。
スニーカーの方が足が疲れなかいと思います

最後に

今回は天橋立の11月の気温と服装についてご紹介しました。

服装のポイントは重ね着。
薄手の上着で調整しましょう~(^^♪

秋の紅葉シーズンで混雑すると思います。
それでも見る価値がある絶景が待っていますので十分楽しめるでしょう。

では良い旅を。
ありがとうございました。

気温と服装のまとめ

トップページに戻る